日本のニート・世界のフリーター

 

ニートとは、1999年にイギリスの内閣府社会的排除防止局が作成した調査報告書に由来する言葉です。英国におけるニートの定義は「16~18歳の教育機関に所属せず、雇用されておらず、職業訓練に参加していない者」とされています。

しかし近年、欧米では「ニート」とは「日本における若年無業者問題を指す語」として認知されつつあります。日本では厚生労働省が2004年に発表した労働白書の中で「労働者・失業者・主婦・学生」のいずれにも該当しない「その他」の人口から、「15~34歳」までの若年者のみを抽出した人口(若年無業者)が、「NEET=ニート」と言い換えられ、以後、マスメディア等を通じて一般にも知られるようになった新語です。

そもそもニートとは「○○をしていない」という「状態」を現すにすぎない言葉でしたが、その語義はマスメディアによって歪曲化され、現在では「○○をする意欲が無い」という意味で使われることが一般的となっています。

政府の見解としては、「働いておらず、教育も訓練も受けていない者」としています。

このサイトを購読する